コットンを使った効果的なパッティング方法

化粧水をつけるとき、コットンを使った方がいいの?

■正しい化粧水の付け方

化粧水の付け方で悩んだことってありませんか?手でつけた方がいいのか、コットンを使ってつけた方がいいのか。

答えは、こちら。カネボウ化粧品の美容研究所の方が答えてくれています。

化粧水は、手でつけてもある程度の保湿効果はあります。しかし、コットンを効果的に使うことで、美しい肌を保つために必要な水分を与えることができます。コットンを使うメリットは、化粧水が液ダレせずに使え、乾燥しやすい目元や口元など肌の隅々までムラなくなじませることができる点にあります。また、コットンで肌をパッティングすることで、化粧水のなじみがよくなり、肌の潤いや柔軟性が高まります。【引用 MSN産経ニュース】

手でつけても十分効果がありますが、むらなくなじませることができる、なじみが良くなるなどコットンを使った方がメリットが多いようですね。

コットンを使った正しいパッティングのやり方はまずコットンが十分に濡れるぐらい化粧水をふくませて、やさしく触れる程度の強さでなじませていきます。

この時にこの時に強くたたいたりコットンにつける化粧水の量が少なかったりすると逆に刺激になることもあるので注意です。

冬はお肌が乾燥してしまいますので化粧水だけでは乾燥してしまうことも多いです。クリームなどでしっかり蓋をして潤いのある肌をキープしたいですね。化粧水も大事ですけど、保湿ももっと大事ですからね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月5日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:化粧水

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ