ビタミンC、アルブチンでダブルで効く乳液

【ちふれ 美白乳液】

美白ケアどんなアイテムを使っていますか?
化粧水、美容液だと乾燥が気になる、クリームだと重すぎる。そんな方は乳液を使ってみては?

ちふれの美白乳液はヒアルロン酸、トレハロース、油溶性天草エキスと乾燥に効く保湿成分が3種類も配合されています。

また肝心の美白成分は安定性型ビタミンC誘導体、アルブチンと言った成分配合です

安定性型ビタミンC誘導体
メラニンがつくられる段階での還元作用により、メラニンの生成をおさえ、日やけによるシミ・ソバカスを防ぎます。
ただ、ビタミンCはとてもデリケートな成分で、酸化しやすいのが難点。そこで化粧品には、ビタミンCに異なる物質を結合させ、安定化したビタミンC誘導体が使われています。

アルブチン
高山に生育するコケモモやナシ、西洋ナシなどの植物の葉に含まれる成分で、高い美白効果があります。
日やけによるシミ・ソバカスの原因となるメラノサイト内の酵素チロシナーゼに直接作用して活性を阻害し、メラニン生成をおさえるはたらきがあります。
HPから抜粋

このように美白、保湿の面でも効果的な成分をバランスよく配合しています。
またこちらの商品はダブル美白。ビタミンCとアルブチンで相乗効果が得られる配合なのでおすすめです。

タグ

2013年6月3日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:乳液

このページの先頭へ